復縁準備とマニュアル

復縁準備は意識改革から元カレの気持ちを理解する方法

復縁準備は意識改革から元カレの気持ちを理解する方法

復縁には、事前に準備が必要でしょうか?
もちろん必要です。
いきなり、別れた相手のところ行って「もう一度付き合って」と言ってもすんなりと受け入れられないはずです。
では復縁するには、何を学び、どんな知識が必要なのか、次にあげていきましょう。

 

復縁にマニュアルは存在しない

よく「マニュアルがあれば楽なのに」という声を聞きますが、そもそもその先入観が間違いなのです。
人の心は多種多様なので、マニュアル的な知識を持っていても、それを活かせるとは限らないのです。

 

例えば、「もう会えない」と元カレから言われたときのマニュアル的答えは「相手の感情をこれ以上冷めさせないように、とりあえずは同意をして連絡を控える」となります。

 

しかし、元カレに「もう会えない」と言わせた状況は、いろいろなものがあるはずです。
人によって、理由、目的、性格などは違うのです。
「もう会えない」という言葉には、嫉妬の感情を煽りたいということもあるでしょうし、感情の揺れやすい時期に勢いで言ってしまったということもあります。

 

もし、嫉妬させたいなら、すぐに同意すれば相手が面白くなくなり、「もういい」という割り切りにつながる場合もあります。

 

この場合は、彼に会いたいという意思を前面に出してから、引く方が良いでしょう。

 

相手の感情が揺れているなら、少し時間を置いてからもう一度会って、しっかり話をした方が復縁につながりやすいかもしれません。
つまり、マニュアルに頼るのではなく「どうして相手はこのような行動をとるのか」この部分を、よく理解しなければならないのです。

 

相手の行動〜理解するため3つのポイント

第一に、お互いに冷静さを欠いていると、相手の言葉や対応にきちんと向き合うことができません。

ですから、相手の言い分をそのまま受け止めて別れにつながってしまうのです。

 

「もう会えない」と相手が言ったなら、その言葉がでるまでの経過が必ずあるのです。
どうして、そう思うようになったのか、その言葉がでてくるまでの経緯をよく考えましょう。

 

2つ目は、相手の行動や言葉には、必ず理由と目的が存在するので、そこを理解して適切な行動を取ります。

理由や言動を考えるコツは、リストを作ることです。
その行動の理由や目的は、なんだろうかと考えて、でてきた答えをリストアップしていきましょう。
そして、今までの彼の行動パターン、性格、精神状態などを、今までの経過と対比させます。

 

それから、可能性が高い順番にリストを並び替えるか、可能性が低いものを消すかして行動の理由と目的を導き出します。

 

3つ目は、対応方法をリストアップしていきます。

相手に言われたことに対して、出来る事は何かと考えていくのです。

 

例えば、意見を伝える時期は、「今すぐ」「1週間ほど時間をあける」「1ヶ月以上待ってみる」などが考えられます。
伝える方法は、「電話をしてみる」「メールを送る」「直接会って伝える」などがあります。

 

言うことも、冷静に話すのか情に訴えるのか、素直に受け入れるか、いろいろなパターンが見えてきます。

 

今までの流れと理由と目的を考えて、自分はどうしたらいいのか、どうすべきなのかを、リスクが低い順番にリストアップするのです。
この中から採用するのは、メリットが高いものに限ります。

 

おわりに

このように感情の問題には、あまりマニュアル的な対応をお勧めできません。

 

マニュアルは安全で嫌われにくい方法であって、復縁にとっての最適の対応ではありません。

 

経緯や目的や自分のできることを冷静に考えて、その中から最適の対応方法を考える必要があるのです。
そんなこと言われてもとっさに判断ができないという人は、日ごろから、現状をよく把握して、相手のことを理解する努力をしておきましょう。

 

それが、最適な対応へのカギになるのです。

復縁体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ