大喧嘩で別れてしまってから復縁するには

大喧嘩で別れてしまってから復縁するには

大喧嘩で別れてしまってから復縁するには

大好きな相手と今までにない大きな喧嘩をしてしまい、そのままケンカ別れ・・。
こんな状況から復縁するには、とにかく感情の高ぶりを鎮めることが大切です。

 

「ケンカ両成敗」という言葉があるように、ケンカはケンカでしかなく、けんかしている最中は、お互いに傷つけあうものなので、どうしてこの人は私にこんなひどい事を言うんだろう・・などと思ってはいけません。
相手を傷つけてやるという気持ちは、お互いケンカが始まった時点で心の奥にそう思う気持ちがあるのですから。

 

自分も悪かったと思うけれど、向こうだって同じじゃない・・こんな気持ちでいては復縁はまず無理でしょう。

ひとまず落ち着いて感情を鎮めるのです。

 

ケンカは何かキッカケがなければ起こりません。
そのケンカの原因と、ケンカ中にお互いが言い合った事は一緒にしてはいけません。
ケンカの時に自分に向けられた、ひどい言い分に対し相手に謝ってほしい、自分は何に対して相手に謝らなければいけないかという事を、一緒にしない様にしましょう。

 

別れて、まだ日が浅い時は、相手も怒りの感情のまっただ中にいたり、何も考えられないぐらい冷めた気持ちになっているものです。

そんな状態で謝っても、聞き入れてはくれないでしょう。
逆に、もっと相手が頑なになる可能性もでてきます。

 

相手に対して、ケンカ中につい言ってしまったひどい言葉などについて、まずはしっかりと謝る事で、相手も気持ちを鎮めてくれる事でしょう。
それから、もともとのケンカの原因について、あらためて謝るようにした方がベストです。

 

無事に謝る事もできた後は、二人の間の気まずい雰囲気も、いくらかましになっていると思います。
でも、完全に元にもどった訳ではありませんから、もう少し二人でいても、変な気まずさを感じさせない様に努力しなくてはいけません。

 

 

おわりに

一度、二人きりで会って、静かな所で、ゆっくりと落ち着いた気持ちで話しをしてみましょう。
大きな喧嘩を経験してしまいましたから、相手もあなたに対して、なかなか信用できないという気持ちを持っていると思います。

 

もう一度以前のような信用を取り戻すためには、相手とある程度会う回数を重ねていくことが大事です。

 

気をつけたいのは、会うたびに、未練たっぷりな感情を見せたり、相手の気が重くなるような話や態度を取らない事、
そして自分の弱みを見せすぎて、相手から舐められない様にすることが重要です。

 

最終的には、自分から相手を追うのではなく、相手があなたを追いかけさせるようにできるかがカギにになります。
自分をしっかり磨いて、相手から尊敬を得ることができれば、自然と相手はあなたを追ってくるはずです。
そうさせるために駆け引きも上手く使っていくことが大切です。

復縁体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ