既に彼女がいる元カレ、絶望的な状況でも復縁の可能性は0ではない

既に彼女がいる元カレ、でも復縁の可能性は0ではない

既に彼女がいる元カレ、でも復縁の可能性は0ではない

復縁したいのに彼にはもう既に彼女がいたという場合、復縁の可能性なんてもうないのかなと絶望的な状況になります。

 

しかし、長期戦になってもいいから復縁をしたいと考えているのであればチャンスはまだまだありますので前向きに考えてみませんか?

 

恋愛だけでなく、他のことにしても絶望的な状況、絶体絶命という状態というのは永遠には続きません。
復縁の可能性が0%から50%に変わることもあれば、そこから復縁が叶う事もあるのです。

 

復縁の可能性なんてない!?彼には新しい彼女がいる

復縁したい彼に彼女がいる場合、復縁するといっても簡単なことでないのは確かです。

 

それでも世の中には、元鞘に戻るという言葉が良く使われているように、復縁をした後長く付き合いが続く、結婚に繋がるといった成功例もたくさんあるのです。

 

さて、このように復縁の可能性がほとんど無いところから、どのように復縁を成功させるのか具体的なケースを想定して考えていきましょう。

 

完全に拒否されている場合、復縁に向けてできることは?

復縁したい相手には既に新しい彼女がいる、それだけでも厳しい状況なのに、その上完全にあなたからの連絡を拒まれているというケースの場合、復縁の可能性はほとんどないに等しいような絶望的な状況と言えるかもしれません。

 

もちろん、そんな時に連絡を取り続けても彼の中であなたの存在は煩わしくなるばかりで、関係は悪くなる一方です。

 

しかし、状況や環境、人間の関係というのは日々変化していくものです。
今はダメでもこの先どうなるかは誰にもわかりません。

 

そこで必要なのが二人の距離をとり、冷却期間を置くことです。
最低でも3ヶ月は連絡しない、距離を置いて彼に対しては何もしないという状態を継続させてみましょう。
彼の性格にもよりますが、人によっては半年から1年と長期間の冷却期間が必要な人もいます。

 

この冷却期間の間に、彼と新しい彼女との関係がマンネリしたり、悪化することも考えられますし、二人の環境が変化していることも考えられます。

 

そんな中、彼があなたとの事を思い出してふと連絡してくる可能性もあります。
彼からの連絡が無かったとしても、十分な冷却期間があれば、あなたからの連絡も彼にとって自然なものに変化します。
未練や恋愛といった感情とは別に、過去に自分が好きだった女性、友人といったステータスになっているはずですので煩わしく思われることはありません。

 

そこで、以前とは違うあなたを見せることができれば彼の気持ちが新たに傾く可能性も大いにあります。

 

冷却期間中にしておくこと

冷却期間は彼の状況もわかりませんし、連絡も取れないので不安になってしまうかもしれません。
しかし、そんな時だからこそ執着心を取り除く努力をして、自分が変化できるような自分磨きの時間に充てましょう。

 

一人で過ごす時間こそ、料理の腕を磨いたり、興味のあることにチャレンジしたり、彼と一緒にいた時にはできなかった事をするチャンスです。

 

また、別れてしまった原因や反省点などを考え、復縁した後に同じ過ちを犯さないように自分自身と向き合う事も必要です。

 

 

おわりに

彼に彼女ができてしまっても、どうしよう復縁できない!と焦って行動するのは逆効果です。
ここは一旦落ち着いて、長期的な目を持って時間と距離をうまく取りましょう。

 

その間にすべき事は、自分自身も変わる努力をすることです。

 

次に会うまでにキレイになってやる、魅力的な女性になって別れたことを後悔させるくらいになってやる位な気持ちで日々を過ごしていきましょう。

 

最終的に、彼の目には魅力的に変化した新しいあなたが映り、そこから復縁という新しい恋愛が始まる可能性に結びつくのです。

復縁体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ