元彼と復縁するための上手な誘い方

元彼と再会して復縁するための上手な誘い方

元彼と再会して復縁するための上手な誘い方

復縁するために日夜努力を重ね、ようやく誘えるような状況になった時、まず最初にぶち当たる壁が「どうやって元彼を誘えばいいの?」ということです。

 

誘うためにはまず、誘う口実やきっかけなどをこちら側から作るなり、持ちかけるなどしなくてはなりませんが、一度別れて離れてしまった関係の場合、なかなか難しいと思います。

 

会いたいけど、会うきっかけを見つけられない・・・これほどもどかしいことはありませんよね。どうしていいか分からなくて悩んでいる方の参考になればと思います。

 

元彼を誘う場合、必ずチェックしてほしいこと

どうしても復縁をしたいと望んでいる場合、これはクリアしてほしいという条件があります。
裏を返せばこれをクリアできないと復縁できませんので必ずクリアできるように頑張りましょう。

 

自分を磨き、ひとつ上の女になる

元彼と付き合っていた頃のあなたのままでは、自分に自信も付きませんし、女性としての魅力も深まりません。

 

ここで自信を持てないのなら、元彼に会っても復縁できる可能性は下がってしまいます。

 

もし自信を持てないのならば、まだ彼に会う段階ではないんだと自分に言い聞かせましょう。

 

別れた時の状況があまりにも悪い、ケンカ別れだった場合には冷却期間を取る

別れ話の時、絶対に別れたくないとすがりついてしまったり、大ゲンカをして別れたのならば、お互いの感情を落ち着かせるっための冷却期間を取る必要があります。

 

冷却期間は関係が悪かったのなら悪かっただけ、時間をかける必要があります。
大体半年から1年以上の時間をかける必要があり、あなたへの悪い印象が薄れた頃が連絡するタイミングです。

 

 

元彼を誘い出すタイミングとは?

最近では連絡を取らないまでもSNSで軽く繋がっていたりする場合も多いですが、全く連絡を取っていなかった相手に連絡を取るというのは、相手の状況がわからないだけにタイミングが難しいものです。

 

何の前置きもなしに「どこか遊びにいこうよ」「飲みにいかない?」など、直接会えるようなメッセージを送る人もいますが、これでは元彼側にあなたの未練は強く伝わってしまいますので、元彼が逃げ出してしまう可能性があります。

 

会いたいという気持ちは、元彼への未練です。
未練がましい女を男性が重い女としか受け取ることはできませんので注意が必要です。

 

まずは相手がどのような状況なのか、今現在彼女はいるのか?仕事は上手くいっているのか?などの近況を探りつつ、会話の流れでどこかにご飯でも・・・というのが理想の流れです。

 

ここでのポイントは、近況を探るのは「メールではなく電話で連絡を取る」ということです。

 

声を聞くという行為は相手の調子や状況もわかりやすく断りにくいので、誘ったら応じてくれる可能性が高くなります。

 

メールでの連絡方法

電話で連絡するまでの勇気はない。
あまり電話が得意でないという人は、メールで連絡を取るようにしましょう。

 

メールで連絡を取る場合も、軽いあいさつや会話や彼の趣味の話などで盛り上げつつ、ご飯やお茶に誘うようにします。

 

ここで注意することは、話をあまり盛り上げすぎると、食事に行ってまで話をしなくてもいいやと元彼に思わせてしまう安濃製がありますので、もっと話したいなぁと思わせることが大切です。

 

おわりに

 

電話というには少しハードルが高く感じさせますが、相手が電話に出てくれさえすれば、そこまで心配する必要はありません。そこまで深刻に考えず、軽い気持ちで電話をし、出てくれなかった場合はメールで内容を伝えれば大丈夫です。

復縁体験談

ホーム RSS購読 サイトマップ